ホーム  >  水道代節約 PART1

節約上手
水道代節約 PART1
お風呂の水編

洗濯に使おう
お風呂の残り湯は洗濯に使いましょう。バケツで汲んで洗濯機まで運ぶのはなかなかよい運動にもなりますよ。ほんのり暖かいお湯なので実は汚れ落ちも抜群です。最近では、水汲みポンプも3000円前後で売られているので、妊婦さんなどには、お勧めかもしれません。お風呂場から洗濯機まで遠い方にもお勧めです。
水汲みポンプの値段と節約できる水道代をよく計算して購入を検討して見てはいかがでしょう?豆知識として、柔軟剤を入れた洗濯の時は、入浴剤を入れた風呂の残り湯を使うと洗濯物に入浴剤の色が移ることがあるのでご注意ください。

お掃除に使おう
掃除に使ってみましょう。お風呂場の洗面器、イス、浴槽から始まって、玄関、窓拭き、床拭き、車の洗車などにも利用できます。エアコンのフィルターや網戸を洗うときなどは、湯船につけてしまって大胆に洗ってしまうとよいでしょう。。

毛布を洗おう
残り湯で毛布を入れて洗ってみましょう。浴槽に毛布を入れ、自分の足で踏むだけです。毛布を脱水のために洗濯機まで運ぶのが少し大変かもしれないので、お風呂場から洗濯機までが近い人にお勧めできる内容です。

ペットのシャンプー
ペットのシャンプーに使いましょう。残り湯が冷えていると、ペットが風邪をひく可能性があるので、暖かいうちにしてあげると良いでしょう。

トイレに使おう
トイレを流す水に使うこともできます。ただ、暖かさが残っているとトイレタンクにカビをはやす原因になる可能性があるので、あまりお勧めできる内容ではないかもしれません。

節水型シャワーヘッド
[節水型シャワーヘッド]というものが売られています。少ない水量でも水の勢いを強くしてくれたり、手元で水を出したり止めたりできるタイプのものがあったり、多種多様に出来ているものもあります。値段にもよると思いますが、節約グッズを使ってみるというのもいい一つの手だと思います。

バケツを使う
シャワーなどを使う時に、出始めは冷たい水が出ることが多いのです。その冷たい水をバケツか湯船に取っておいて活用するようにしてはいかがでしょう?
バケツ1、2杯分にはなるものです。きれいなお水なので、色々な用途で使うことが可能だと思います。

[こまめに]が基本
シャワーを出しっぱなしにすると、1分間に約12Lほどの水が消費されているそうです。シャワーの水はこまめに止め、水勢もほどほどにすると、消費する水代も少しは浮いていくと思われます。

体を洗った時
体をこすったタオルもしくはブラシ・スポンジは、体や髪の毛をすすぐとき足下に置いておきましょう。石鹸が随分落ちて、軽く仕上げ洗いをするだけで済みます。

洗面器を使う
まず髪を濡らしたり、すすぐ時はシャワーを使わず、洗面器に水を汲んで使います。髪全体に行き渡らせるためには、あまり急がずに、ゆっくり丁寧にやることです。だだし、すすぎの時は頭皮などにシャンプーが残ると、フケやかゆみの原因になるので、後からシャワーで軽くすすいであげるのがいいでしょう。

ページトップへ